デジアドの事業

スマホの中にお墓が、
スマホの中にお金が 

お墓・骨壷が人生のデータバンクに
デジタルエンディング事業

生きた証がお墓に・仏壇に・そしてスマホに。「ファミリーライブラリー」(特許出願中)は、私ノートをベースにした家族・親族の絆を育むデジタルエンディングシステムです。

デジアドのデジタルエンディング事業は、ファミリーライブラリーシステムを中心に、家族・親族がいつでも・どこでもふれあえる関係ネットワークを構築し、半永久的に家族の絆を残すことができます。

ITやAIを活用することにより、まったく新しい「故人とのコミュニケーション」を実現します。

より安全に、より健全に
暗号通貨コンサルティング

弊社は2014年からrippleをベースにした分散運用コンサルティングをスタート。2015年から「より安全により健全に」をモットーに、フィンテックを学ぶ「シニアの為の暗号通貨勉強会」を開催。 海外取引口座開設から、セキュリティを重視したハードウォレットを含むウォレットの管理法まで、2020年の出口目標までface to faceで親切丁寧なサポートします。

<こんな方が対象です>

  • マイナス金利対策、自己防衛対策の新しい資産運用と考えたい
  • 購入とあわせてスマホ、タブレットの操作やウォレットの管理方法を学びたい
  • 近未来のIT金融革命に触れたい
  • 海外・国内送金を安くしたい
  • 成長分野を自社に取り込みたい
  • 将来の世の中の仕組みを今から先取りしたい
  • 保有していた暗号通貨が分からなくなったので取り戻したい
最強の端末「ラカラ」使用
インバウンド決済

訪日外国人観光客の多くが、スマートフォンを使用したモバイル決済の利用者です。その市場規模は拡大の一途をたどっています。

中国国内でのスマートフォン決済利用状況は、AliPayやWeChatPayなどを中心に、なんと約600兆円(2016年度)まで拡がっています。

デジアドは、中国のコンビニシェア99%を誇り圧倒的な認知度の最新マルチ決済POS端末「ラカラ」の導入や、中国向けメディアと提携したインバウンド集客を通じて、お客様の売上拡大を支援します。

デジアドの過去実績

ACHIEVEMENT

フィンテック最前線シンポジウム
仮想通貨は明るい未来を創るか

フィンテック業界でブロックチェーンの技術・法律・教育に深く関わるメンバーを招聘して2017年11月25日に「仮想通貨は明るい未来を創るか」と題し福岡市にてシンポジウムを開催しました。デジアドは一般社団法人日本クリプトコイン協会とともに企画及び実行委員として参画。当日は百数名の来場者が終始興興味津々の表情で仮想通貨について学び取ろうと聞き入っており、大盛況のうちに幕を閉じました。

50代からでもできる!
ソーシャルe-school

年金を頼りに暮らす時代は終焉をむかえ、年金を当てにしない“シニア自立”時代の幕開けです。超高齢化社会と急速なデジタル社会到来の中で、日本の経済を牽引するシニア世代に向けた、心も体もそして経済的にも自立を促す、社会的にも意義あるシニアのためのソーシャルe-Schoolです。

人生をデジタルで記録するアプリ
「私ノート」

デジタルエンディング事業の基盤となっている、人生をデジタルで記録する「私ノート」アプリ版は、 iOS、Android対応でリリースしました。現在はwebブラウザ版を準備中です。

8項目のノート機能

その他の特徴

  • エンディングノートの各ページにiPadのカメラによる録画機能が付いています。
  • データはクラウドにバックアップ(2012年10月より)されるのでiPadを買い換えても紛失してもデータを復元することが可能です。
  • アドレス帳に登録した人に対して個々人に映像メッセージを残すことが可能です。
  • 安否通知機能をONにしておけば一定の時間ログインしないと指定された人に安否確認メールが送信されます。
  • エンディングノートや日記はページごとにグループ、個人単位で公開・非公開設定が可能です。
  • ID、パスワードによるログイン機能があります。
  • アルバムや日記には写真以外に動画登録も可能です。
  • 何度でも書き直し、撮り直しが可能です。

動画でサービス紹介

ショートバージョンNo.1 油絵編

ショートバージョンNo.2 帰省編

ショートバージョンNo.3 受け継ぐもの編

ロングバージョン 操作説明

デジアドへのお問合わせはこちら

お問い合わせ